看護部の教育内容

 コース 目標 実施月

新卒者

職業人として自覚を養う

看護の基本となるものを理解し基本技術を身につける

4月前半 
1年 日常生活援助の基本的技術・態度と、急変時に対応できる技術を身につける 5月後半
2~3年

メンバーシップを理解し役割が果たせる

看護過程の展開を通して問題解決能力を向上させる

8月後半
4~5年

研修の企画運営を通して自主性を養う

自己の看護を振り返り看護観を表現できる

7月後半

 

中堅 6~9年 実践した看護プロセスを科学的に思考し、他者に伝えることができる 10月後半
10年~14年 個人目標を実践し、実施計画・実施成果をまとめることができる 11月後半
15年以上

自己の課題を明確にし改善できる

看護専門職としての役割を確認し部署に貢献できる

12月後半
プリセプター プリセプターシップの目的を理解し、プリセプターの役割が果たせる 9、12、3月
リーダー

看護実践者としてのリーダーシップを発揮する

メンバーの指導ができる

1月
介護職員

看護チームの一員として役割が果たせる

看護助手としての知識・技術・態度を養う

毎月1回
看護過程の展開

看護概念と看護過程の実際を習得する

事例を展開し理論化する

隔月1回
静脈注射 静脈注射の知識・技術を習得し、診療補助業務を的確に実践できる 4、5、6月

伝達講習

院外で習得した知識を報告し共有できる

時間内にまとめて報告できる

年8回
看護研究発表 研究のプロセスを科学的に思考し、実践の成果を共有できる 7、11月
講習会 社会的視野を広め自己を啓発する キャリア開発 年4回

師長主任勉強会

中間管理者としてマネージメントの方法を知る

病院経営を視野に入れた看護管理能力を身につける糸口とする

毎月

岸和田市医師会看護専門学校の専門課程老年看護実習施設として、厚生労働省の認可を受け実習生が実習しています